大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止 大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止
大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止
大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止 雀トップ 南森町店

大阪府大阪市北区南森町2-3-37 昭和南森町ビル2F

大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止 ユタカ

大阪府大阪市中央区島之内2-17-27

大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止 まあじゃん BUN・EI

大阪府大阪市平野区平野市町2-10-18

大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止 麻雀ぜろ

大阪府大阪市北区天神橋4-6-6

大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止 クラブ 杉

大阪府池田市菅原町2-3

大阪麻雀連合会 麻雀 まーじゃん 麻雀店 雀荘 脳トレ ボケ防止
オンライン麻雀 Maru-Jan

国際公式ルール(世界麻雀ルール)とは

マージャンの国際大会、世界大会を開催する目的で、2000年に国際公式麻雀ルールが制定されました。
2002年、第1回の世界麻雀選手権大会が、東京で開催され、10ヶ国120名の選手が集まりました。2006年、第2回大会は、中国成都で開催され、18ヶ国180名の選手が集まりました。
その4年後2010年に、第3回大会がオランダで開催され、24ヶ国220名の選手が集まりました。
この様に、世界大会は4年に1回世界の各地で開催されてきました。第4回大会は、2014年イタリヤで開催される予定です。
この国際大会以外、ヨーロッパ大会や中国国内に世界から選手を集めて、国際大会が開催されたり、日中大会又は日本国内で世界の選手に呼びかけて、大会を開催されたりしています。
日本では、東京・大阪・名古屋に1ヶ所から3ヶ所国際公式ルールの麻雀教室があり、すこしずつ生徒が増えております。それぞれの教室や協会・連盟・連合会が主催する、国際ルールによる大会が、日本各地で開催され、大会の参加者も少しずつ増えてきています。
この国際公式ルールは、幾つかの特徴があります。この特徴を熟知して作戦を立てて戦う必要があります。

 

この国際公式ルールは、300点持ちで争いますが、4人の順位点が優先されるゲームです。ゲームは1回一荘、東・南・西・北と廻り、親は上がっても、テンパイで流局となっても、積みはありません。16ゲームで一荘が終了です。時間制限80分から90分で行い、時間が来ればゲーム途中でも終了です。順位は、一位4点・二位2点・三位1点・四位0点です。
又、国際公式麻雀の役は81アリ、難易度の高い役は点が高く、簡単に出来る役は、低い点になっている。 [例・平和(ピンフ)2点・断幺(タンヤオ)2点・三色(サンシキ)8点・一気通貫16点・役満は64点か88点で最高点です]
役満の手が混一色になったり、大四喜(ダイスーシ)が字一色と複合すれば、140点から160点になる場合もあります。

 

【国際公式ルールの特徴】
第1の特徴は、8点あれば上がる事が出来ます。上がる為には81の役の中から合わせて8点になるように手を作れば良い。
第2の特徴は、打ち込んでもらった時と、積もった時の点差が大変大きい事がある。上がった時は、上がり点と基本点8点は全員からもらう。打った人は上がり点と、基本店をプラスして払う。積もった時は3人から上がり点と基本点8点をプラスして頂くので、日本麻雀に比較して大変大きな点が動く。
第3の特徴は、王牌(ワンパイ)の14枚残さず最後まで積もるので、牌は河か手の内に必ずある。最後まで気を抜かずに打つ事です。
第4の特徴は、フリテンがない、自分が河に捨てた後、すぐ次の人が同じ牌を捨ててもその牌で上がる事ができる。
順位点のゲームなので、最後の点数の駆け引きに作戦として使える打ち方が出来る。
第5の特徴は、面前(メンゼン)でも、ポン・チーしても上り役は同じである。出来るだけ早く、テンパイにすることが勝負を決める。

 

まだまだ、日本麻雀との違いはあるが、こんな公平なルールはないと思います。このルールが出来て12年目です。日本の教室のあちこちでルールが少しずつ変えている所があります。
麻雀がメジャーな大会になる為には、囲碁・将棋と同じ様に、ルールは統一されていなければならない。
国際公式麻雀は、「ルールの統一」を最優先に皆さんで守って頂きたいと思います。

以上

国際麻雀教室 大阪ひまわり教室 TEL. 06-6447-0073 担当 木下

 

麻雀 大阪 雀荘 連合会 国際ルール

 

麻雀 大阪 雀荘 連合会 国際ルール